ブログ

偶然の君

大勢の人が行き交う中で 肩がぶつかり合ったのは 偶然なのだろうか 偶然だとして そんな偶然を大切にできればと思う 偶然な君に 手を...

寂しい女性へ