あれはいつの日だったろう

夜空に放つように

交わした言葉達

時が流れて

宙に浮いた言葉達

雲のように浮いたまま

どこに流れていったのかな

目の前から消えてなくなってしまったけど

文字が形になって表れるように

心に留まって

必要がない言葉達は

隠れて消えて

紙の文字が流れ着いた