ブログ

膣の萎縮と美容

膣の萎縮と美容
更年期になると女性ホルモンのエストロゲン(美肌ホルモン)の分泌が低下します。

エストロゲン(美肌ホルモン)の分泌が低下すると、外陰部も膣の粘膜上皮層も薄くなり、膣が萎縮していきます。

問題は、症状が進むことで引き起こされる「萎縮性膣炎」です。

粘液が分泌されにくくなることによる性交痛に始まり、膣の違和感やかゆみ、痛みをもたらしたり、また、エストロゲンが低下すると常在菌の働きが弱まるため、膣の自浄作用もダウンし、カンジダ等の感染症にも罹りやすくなってしまいます。

セックスは、膣への血流を増加させますので、膣の萎縮を予防してくれます。

また、この症状がセックスレスの20〜40代の若い女性にも現れることもあります。

経験から感じるのは、セックスレスの期間が長いと、女性の年代に関係なく、膣が萎縮している場合があります。

膣が萎縮している場合、濡れにくくなっているのも特徴的です。

はじめは、膣入口付近に痛みが伴いやすいということと、乾きやすくなっているため、膣内も性交痛が伴いやすくなります。

こういう場合は、パートナーの男性等は、膣への挿入時には、ゆっくりとすることや、膣内も乾きやすくなっていることを思いやり、はじめや乾いてきたときは、ゆっくりと動かすことや、乾きやすくならないよう、クリトリスへの刺激を加えたり、背中等身体のフェザータッチも加えながらするのが良いのだと思います。

回数を重ねていくと、膣入口付近の痛みも少なくなり、濡れやすくもなってきますので、性交痛もなくなってくる場合があります。

エストロゲン(美肌ホルモン)の分泌も促進され、美容効果も期待できます。
The following two tabs change content below.
kou

kou

東京、埼玉。埼玉発。車移動。39歳。164cm。kou
東京、埼玉
kou

最新記事 by kou (全て見る)

関連記事一覧