性感マッサージ

性感マッサージ

爪のお手入れ

爪は切って、角がないようにキレイに整えます。

指先を押しても爪が引っ掛からないように、指先より下に間が空くように爪を切るようにします。

膣内を指で触れなければ良いのだとは思いますが、膣内に爪が引っ掛からないようにすることは必要だと思います。 膣内に触れるときも、指先よりも指の腹部分を使用し、触れるようにします。

清潔感

シャワー、身だしなみ、手等をよく洗うこと等、最低限の清潔感には、気を付けます。

フェザータッチ

フェザータッチは、アダムタッチと言われるものと同じだと思います。

フェザータッチとは、優しく、ゆっくりと、少しだけ触れる触れ方をいい、女性の性感を高めるためには、必要なテクニックです。

フェザータッチは、手の指と指をくっつけないで、少し開き、圧が指先にかからないよう、指は、少し曲げます。 手全体の力を抜き、圧がかからないようにします。 触れなさすぎだと、くすぐったいだけになりますので、指先を少し触れます。 触れすぎると、圧がかかってしまいますので、くっつける感じになります。 指は、親指を除いた4本が基本です。動かすのは、ゆっくりと、圧がかからないようにすっと動かしていきます。 背中、首筋、胸の間、下腹部、横腹、太腿の外側と内側など、全身に触れますが、主な性感の箇所があります。女性が感じているときは、肌が張った感じになるのが、指先に伝わります。 片手を基本にして、両手や軽いセクシーなリップを交えるのも良いと思います。

優しく触れることも大切ですが、愛情を持って、心を込めるということは大切かと思います。男性がどう思っているかどうかというのは、指から女性に伝わるものだと思います。 愛情を持って、心を込めて、優しく触れられたら、嬉しいと感じてもらえる女性が多いように思います。

また、ゆっくりと触れることは、女性に感じてもらうには重要だと思います。 ゆっくりと触れられると焦らしのような、もっと触れられたいという気持ちも出てきやすく、触れられている箇所に集中しやすいのだと思います。

なお、フェザータッチは、オイルを使うと膜を張ったようで指の感覚が読み取りずらいです。

初対面だと、なかなか恋人同士のような感じにするのは抵抗があって、マッサージの方が入りやすいこともあると思います。抵抗のない範囲で、服の上から撫でたりという疑似的なものから入るのが自然だと思います。抵抗がなければ、肌と指が触れ合う感覚でゆっくりと優しく撫でます。

マッサージは、マッサージの気持ちよさであり、前戯や焦らしのような効果を上げにくい場合があると思います。女性によっては、マッサージでは、スイッチが入らないとか、そういう気分にならないなどもあり、そのまま性感に入っていくのは、気分が高まっていないのに、触れられるのは嫌な気持ちになるときもあると思います。

マッサージをするのであれば、性感をする前に、前戯や焦らしのような効果があるものをいれる必要がある場合もあって、気分を高めるのに時間がかかり過ぎるということもあると思います。

イッた後に身体に優しく触れると、ビクついた感覚になると思います。これを焦らしの段階で、できるだけ近い状態に持っていければというのがフェザータッチの性感方法です。

感じにくい場合もあると思いますので、感じるまで待つという姿勢が大事だと思います。

フェザータッチと男性経験

フェザータッチは、男性経験回数が少ない女性の方が合います。

男性経験回数が多くて、中が気持ちよい、中でイキやすい女性等中派の女性の場合、あまりフェザータッチや焦らしが少なくても、ある程度気持ちよくなれます。中派の女性は、フェザータッチが感じにくい傾向にあります。

中派の女性でも、一度イった後にフェザータッチを駆使し、気持ちよさを上げることもできることがあります。

スイッチを入れる

フェザータッチは、スイッチが入っていないと、くすぐったいだけかと思います。

脳が疲れすぎていたり切り替えができなかったり、抗うつ薬を服用していたり、体調が優れなかったり、スイッチが入りにくい日はあると思います。

どうしてもスイッチが入らないときはあると思うのですが、スイッチの入れ方は色々あると思います。

女性として優しくされたり、その場の雰囲気作り等もあるかと思います。

初対面の方がスイッチは入りやすい傾向かと思いますが、初対面であまりそういう気分になりにくい女性には、ある程度時間をかけて、スイッチが入るまで待つという姿勢が必要だと思います。

スイッチが入ると、フェザータッチが少し感じてきます。その感じられる状態を維持しつつ、フェザータッチで触れ続けると、気分を盛り上げられることが多いかと思います。

ただ、触れられることだけでは感じにくい女性もいるかと思いますので、Sっぽくしたり、手を押さえたり等他の刺激を加えたり等色々試すことも必要になることもあるかと思います。

女性は全身が性感帯

女性は、全身が性感帯になります。

感じやすい箇所があります。背中、腰、首筋、胸周り、下腹部、横腹、太腿の外側と内側は感じやすいかと思います。

イケた後は、もっと敏感になります。イク深さによって、もっと敏感になります。
顔、髪、二の腕、手、お腹、下腹部、胸の間、足など全身が感じられます。

感じられる箇所が増えていくと、フェザータッチで触れている間、ずっと気持ちの良い状態が続きます。

感じたまま、性感に移り、またイケれば、もっと全身が感じるようになります。

それを続けると、ずっと気持ちの良い状態が続きます。

もちろん、はじめの段階で、感じやすいかどうか、触れられることに慣れ過ぎていないかどうか、触れられて嬉しいと思えるかどうか、スイッチが入っているかどうか等の要素は関係していると思いますが、そこからゆっくりとスイッチを入れて、イクことと絡めて、全身を触れながら、性感帯を開発することを目指すということになるかと思います。

ゆっくり触れることと触れ方

触れ始めのときは、軽く触れる、焦らしながら触れる、押し当てるように止める、押して引いてをゆっくりと触れる、ゆっくりと少し円を描くように触れるようなことをします。

このうち、ゆっくりと少し円を描くように触れると、女性は気持ちよさそうなので、これを基本としています。

感度を上げるためには、背中等の性感帯を一緒に触れることや乳首を触れたり、触れることだけに慣れすぎないようにします。

背中等の性感帯を触れていると、今は感度が上がっているのかそうでないのかが分かります。

イキやすい女性や、フェザータッチでの焦らしが効いていると、ゆっくり触れるだけでもイケるかとは思いますが、イキにくい女性や感じにくい女性などは、少しだけ早めたり、少し早くしたり、触れ方を円ではなく、下から上という触れ方にしたり、振動のようにしたり等色々試したりしてみます。

イキにくかったりするのであれば、女性から触れ方の好みを教えてもらったり、気持ちよいときに気持ちよいと言ってもらったり、コミュニケーションを図ることは、必要なことだと思います。

女性が一人エッチをするときの好みなどもあるかと思いますので、それに合わせられるとイキやすくはなるのだと思います。

早かったり強い刺激でないと感じにくい女性もいれば、早かったり強い刺激は気持ちが冷めてしまう女性もいると思いますので、ゆっくりを基本としつつ、少しずつ、触れ方を試すのが良いのだと思います。

また、強い刺激から弱い刺激に戻すと、弱い刺激が感じにくくなることもあると思いますので、強い刺激は短い時間にする等の工夫が必要だと思います。

触れ方は、好み等が分かれる個人差の大きいところだと思います。

ずっと気持ちの良い状態

理想的なのは

ずっと気持ちいい状態が続くことだと思います。

フェザータッチ、外、中の段階で色々やり方があって、どの段階でもずっと気持ちのいい状態が続くのが理想的です。

外や中の段階でもフェザータッチなどを使い、同時に何点も責めるやり方であったり、何度かイッた後に、フェザータッチで身体を触れて、また感情を高めて、外、中を繰り返すというやり方で、気持ちがいい段階を上げていくことだと思います。

鍵を握っているのは、はじめのフェザータッチでどこまで気分を持っていけるかと外イキができるかどうかだと思います。

身体が覚えている期間で、何度もお会いしたりしていると、触れただけで気持ちよさが甦るなどもあると思います。

マルチプル・オーガズム

マルチプル・オーガズムとは、複数回イクことです。

マルチプル・オーガズムのためには、まずは1回イクことが必要になります。

1回イケるかどうかは、色々試してみたり等が必要になるかと思います。

女性のイクには、深さがあるようで、男性からすると感覚は分からないので、イッた後の反応を見るとか、女性から聞くことで深さの違いを知ります。

浅くでも1回イクことができれば、また、違う責めなどを混ぜ合わせていくと、何度もイクことができ、その深さは違っているように思います。

深くイっている状態だと、頭が真っ白になるような感覚、身体が痙攣するような感覚、ぐったりとするような感覚、気持ちよさが違うように思います。

女性の身体の不思議と共同作業

女性の身体は不思議です。

女性の身体は、はじめから快感を得られるようにできていません。

経験(開発)を積んで、快感を得られるようになってきます。

膣内は、特にオーガズムを得られる悦びを知る女性も少なく、その道のりも長いです。

開発が進んでいないのに、上手い男性がいたら、その日に快感を得られるかというと、そんなことはほぼなくて。

感じにくい悩みがあったり、イケない悩みがあったりします。

そして、同じ女性でも感じにくくなったり、イキにくくなったり、気持ちよく感じなかったりします。

身体が感じる変化は、心の変化や体調の変化を表していて、身体は正直です。

それを女性自身も気づき、相手の男性も気づきやすいです。

性の悩みは、二人の共同作業のようなもので、それを継続することで快感を少しずつ得られるようになり、女性の心や身体の変化を知れるようにできています。

また、開発が進んでいない場合やレスの期間が長い等の場合、行きずりの関係では、男性が女性の身体をよく知らないので、快感を導きにくくもなっています。

セックスは、コミュニケーションの一つで、男女の関係を良好に保つ役割の一つとして担っているようにも思えます。

女性用風俗お問い合わせ
触れられたい癒されたい
セックスレスと女性用風俗
彼や夫の浮気問題
理性の解放と癒しと休息
女性の性欲
性感マッサージ
女性用風俗のファンタジー
花を持ち愛ある暮らし
仕事応援
連絡とエール