BLOG

キレイになりたい(女性ホルモンと美容効果)

キレイになりたい

エストロゲンとドーパミン

女性ホルモンには、エストロゲン(美肌ホルモン)とプロゲステロンがあり、エストロゲンは、女性がキレイであるためには不可欠なホルモンです。

エストロゲンの働きは、「肌のキメを整え、ハリを出す」「女性らしい身体を作る」「代謝を上昇させる」があります。

このエストロゲンは、男性から触れられるなど男性からの性的刺激によっても分泌が促進されます。

また、キレイでいるためには、ドーパミン(恋愛ホルモン)も欠かせません。

好みの男性に出会ったときや恋愛しているときなど、ドーパミンの放出によって性欲中枢が刺激され、もっと触れて欲しいなどの性的感情が生まれます。

ドーパミンが放出されると、細胞の代謝が活性化し、代謝が上がることで、ムクミの解消や免疫力がアップし、キレイになるだけではなく、若々しく、健康でいられます。

大好きな彼とエッチをした翌朝などは、肌の調子が良いと感じたこともあるでしょう。

恋をしている女性がキレイに見えたこともあるでしょう。

どんな美容液を付けるよりも、サプリメントを食べるよりも、自然・本能的なことで効果的かもしれません。

長い間、男性に触れられるということがなかった女性なら、なおさら、効果があるものだと思います。

その他心理的効果として、男性に見られるということで、食べ物に気を使ったり、体操をしたり、メイクをしたりということも相乗効果としてあげられます。

自分に合う男性による性感マッサージを受けることは、このドーパミンの効果も期待できますので、自分に合う男性を探してマッサージを受けると美容効果の期待は大きいでしょう。

関連記事一覧