BLOG

イキやすくするために

いきやすくするために

イキやすくするためには、どうすれば良いのか。

女性ではないので、感覚的には分からないのですが、感じることだけ。間違っているかもしれません。

一つは、一人エッチの方法。

イク感覚を掴むということと、男性に触れてもらうときと同じような方法で一人エッチをしていると良いように思います。

中でイクようになりたいということであれば、男性との関係だけではなく、一人エッチで開発を進めるのも効果的だと思います。

一つは、頭を真っ白な状態に近いようにすること。

考え事や心配事があったり、集中できない環境だとイキにくいのだと思います。それは女性だけでなく、男性も協力することは必要な場合もあるかと思います。

一つは、身体が火照ってる状態にすること。

気持ちよいときは、身体が火照ってるように感じます。身体が冷えているときは、あまり気持ちよいとは思えてないときだと思います。

男性の前戯などで気分が盛り上がってくると、身体が火照ってくると思います。

その他お風呂に入って身体を温めたり、部屋の温度を少しだけ上げたり等も手助けになるかと思います。

一つは、ムラムラすること。

ムラムラしている状態だと、少し触れられるだけで感じたりするかと思います。

ムラムラしていない状態だと、触れられるだけではあまり感じないということもあると思います。

ムラムラを募らせたり、他事が上手くいって、あまり考えることもない状態の方が良かったりします。

会いたい想いを募らせることも、ムラムラすることに繋がることもあるかと思います。

一つは、相手を気にし過ぎないこと。

男性に気遣い過ぎる女性だと、相手に気持ちよくなってもらいたいとか、あまり前戯をしてもらうのは申し訳ないとか気にすることもあるかと思います。

自分が気持ちよくなりたいんだと思う方が、気持ちよさに集中できるのかと思います。

自分が気持ちよくなれば、相手も嬉しいんだと思えれば、自分の気持ちよさに集中できるのかと思います。

一つは、声を出すこと。

イキやすい女性ほど、声を出しているように思います。

それだけ、開放的になっていることかと思います。

恥ずかしかったりすると思いますので、恥ずかしさを忘れる位の方が良いのかと思います。

一つは、イク前は、身体を硬直させ、下腹部に力を入れること。

イク前の状態を見ていると、身体を硬直させ、下腹部に力が入っているように思います。

一つは、演技はしないこと。

男性に喜んでもらいたいと思う女性は、演技をすることがあると思うのですが、男性に本当に気持ちよいときを知ってもらうためにも、演技はしない方が、男性に気持ちよい箇所や触れ方を分かってもらうためにも良いのだと思います。

いわゆるマグロの状態でも大丈夫だと自信をもってもらう方が良いように思います。

一つは、イクことは怖くはないと思うこと。

イッたことがない女性は、イクことが怖かったりすると思います。

イクことは怖くない、大丈夫と思えるようになれたら良いのかなと思いますが、なかなか難しいときも多いのかと思います。

一つは、男性に前戯に時間をかけてもらったり、上手くなってもらったり、ポイントを知ってもらうこと。

男性の前戯が短いと、気持ちよさの段階自体を上げるのは難しいのかと思います。

また、女性が気持ちよいと思う箇所や触れ方等を男性に知ってもらうのは大切なことかと思います。

関連記事一覧