BLOG

トキメキを

トキメキを

もう彼にはトキメかない

家族のような、同志のような

新しい彼に少しでも触れられたら

どんなにトキメクだろう

トキメキがなければ、キレイでいられない

でも苦しむのはイヤ

束縛されるのもイヤ

面倒なのもイヤ

その時間だけを大切に

あのトキメキをもう一度

関連記事一覧