ブログ

自傷行為とセロトニンと長続きさせる恋愛

セロトニン
自傷行為がやめられない。

自傷行為をすると、痛みを感じ、痛みを抑制するホルモンのβエンドルフィンが分泌され、βエンドルフィンを抑制するために、セロトニンが分泌されます。

セロトニンが分泌されると、幸せ・充足感・精神安定をもたらす効果があるとされています。なので、自傷行為がやめられなくなることもあります。

セロトニンは、睡眠ホルモン、メラトニンの前駆体であるため、セロトニンが不足するとメラトニンも不足しやすくなり、その結果、寝付きが悪い、不眠、寝不足、日中眠たいなどの睡眠に関する弊害が起こりやすくなります。

また、人の睡眠時には、成長ホルモンが分泌されていますが、メラトニンが不足して、睡眠不足や睡眠の質が低下すると、成長ホルモンが分泌されにくくなるため、そこから免疫力が低下して風邪を引きやすい、傷が治らない、疲れが取れない、シミやシワが増える、肌が老化する、脂肪が増えて肥満になりやすい等の影響も出てくることが考えられます。

セロトニンは、ドーパミンが適切に働くようにバランスを取る働きをしているため、セロトニンが不足すると、ドーパミンは暴走しやすくなります。

快楽ホルモンとも呼ばれるドーパミンの暴走が起こると、後先考えずに目先の快楽や快感ばかりを求めてしまい、様々な依存症にもなりやすいとされます。

セロトニンが欠乏する大きな原因になるのがストレスです。時間の経過と共にストレスは減り、気分の落ち込みも治りやすいものですが、慢性的なストレスを受けることで、セロトニンが徐々に不足して枯渇していくことが考えられます。

生理前も、セロトニンの分泌が低下してしまいます。

加齢による神経細胞の減少やホルモンバランスの乱れにより、セロトニンも減少します。また、セロトニンを合成する能力には、男女差があり、女性は男性よりも脳内のセロトニンが不足しやすいとされています。

セロトニンを増やすには、朝日を浴びる、ジョギングやウォーキングなど運動をするなどがあります。

セロトニンを増やす食材として、脂肪分の少ない肉類や、乳製品、大豆製品、魚介類、ナッツ、お米、そばなどです。

また、人との交流の中で活性化される性質があります。お付き合いが長くなると、セロトニンが増えていくとされています。

セロトニンの分泌により、ストレスが緩和され、安らぎや安心感、幸福感を感じ、穏やかな気持ちになれます。

恋が始まる瞬間に分泌される脳内物質フェネチルアミンや、興奮系ホルモンであるドーパミンは、大量に分泌されることで、五感が過敏になり、ドキドキしたり、気持ちが高揚したりすると言われています。

フェネチルアミンの効果が落ちるのが、3ヶ月~6ヶ月、長くても3年と言われています。フェネチルアミンの分泌が減り、ドーパミンの分泌も減るので、ドキドキしない、興奮しないという状態になります。

恋愛を長続きさせるにも、フェネチルアミンやドーパミンから、βエンドルフィンや恋のはじまりであるドキドキ期には出にくいセロトニンの分泌への移行が必要とされ、この2つが分泌されないと、興味が湧かなくなったり、倦怠期に突入したり、別れることになると言われています。

愛情のこもったハグをしたり、スキンシップを取ることや、同じものを見て、聞いて、感じて、共感し、「一緒にいる」と感じたり、「一体感」、「共にいる安らぎ」、「親密さ」を感じることが大切なようです。

関連記事一覧

女性用風俗ミンネお問い合わせ
触れられたい癒されたい
セックスレスと女性用風俗
彼や夫の浮気問題
理性の解放と癒しと休息
女性の性欲
性感マッサージ
女性用風俗のファンタジー
花を持ち愛ある暮らし
仕事応援
連絡とエール