女性用風俗minneのブログ

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 女性用性感マッサージのアレコレ
  4. 指でのGスポット責め
クリトリス

指でのGスポット責め

クンニ性感はクリ中心かと思いますが、ハンド性感は、フェザータッチ等身体の性感帯開発、クリ責め、中責めを中心に組み立てます。

その内、中責めはハンド性感では得意とする分野ですが、中の開発度合いが、女性によって異なります。

エッチではイクことができるけど、指ではイッたことがない、指では感じにくいという女性は、奥の開発は進んでいて、Gスポットの開発は進んでいないことが多いと思います。

ポイント探しは、位置が女性によって、若干、異なるので、反応を見て探します。Gスポットの開発が進んでいない女性だと、ポイントの反応が薄く、見つけずらいのですが、少し動きを加えたり等でポイントを探します。

Gスポットは、角度的に、指での責めが有効で、指でイキやすい女性に対しての指の動きはいくつかあるのですが、大体決まっていて、押さえるだけの動きでイケる女性は稀で、比較的激しめの動きで、身体全体を片腕で持ち上げる動きになりますので、男性としてはすごく疲れる動きになります。

体力や筋力がある男性でないと、Gスポットでイってもらえる動きを継続することは難しいと思います。

また、イキやすい女性だと、その動きで少しの時間でもイケると思うのですが、イキにくい女性やイッたことがない女性だと、時間をかける必要があり、気持ちよいという感覚を覚えていく必要があるのだと思います。

Gスポットの開発が進んでない女性だと、その動きをすると痛みが出るので、その動きはできず、まずは動きの少ない振動で開発を進める必要があるのだと思います。

振動の強さも強過ぎると痛みが出やすいので、動きのない動きから始め、弱めの動きにします。

Gスポットの刺激に慣れてきて、痛みがなくなってくると、動きを少しずつ激しくもすることができます。

濡れてくる動きも決まっているのですが、その動きも痛みが出やすい女性には、しにくいです。

Gスポット責めの動きを継続すると、男性は疲れてしまうので、休憩をするのか、エッチを優先するのか等があります。

中に触れた時点で、どの程度の開発度合いかは分かるのですが、痛みが伴いやすそうだなと感じると、あまり、指での中責めはしないことがあります。指よりもエッチの方が感じられるという女性は多いと思います。

関連記事