ハグの効用と愛情ホルモン、ストレス軽減、対人関係|女性用性感マッサージminne

ハグの効用と愛情ホルモン、ストレス軽減、対人関係

ハグをするときには、脳では「オキシトシン」と呼ばれるホルモンが放出されることがわかっています。

日本では、オキシトシンを愛情ホルモンと呼ばれ、ストレス軽減させる働きがあるとされています。

また、ハグをされると、皮膚が圧力を感じて、迷走神経の活動が高まるなどして、リラックスした状態になるとされています。

その他、頻繁にハグをされている女性ほど、オキシトシン分泌量が多く、血圧が低かったという研究結果もあります。

ハグによって、ネガティブな感情が改善され、ポジティブな感情になりやすいという調査結果もあり、対人関係や人間関係に悩む人にハグが役立つということが考えられています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

女性用性感マッサージminneお問い合わせ

女性用性感マッサージminneLINE

友だち追加

ラインでもお問い合わせを承っています。

お知らせ

  1. 2019/1/4

    新年のご挨拶
過去の記事

プレスリリース

  1. 2019/2/1

    埼玉2,000円割引(2/1~2/28)
過去の記事
ページ上部へ戻る