妊娠中に使用できないエッセンシャルオイルと妊娠中のアロマオイルマッサージ

妊娠中でも安心して利用できるエッセンシャルオイル(精油)と使ってはいけないエッセンシャルオイル(精油)があります。

妊娠中のアロマテラピー

妊娠中は、ホルモンバランスの変化などもあり、精神的にも不安定になります。

エッセンシャルオイルの中には、ストレスの軽減などの作用がある中で、生理を促す作用など、妊娠中には不向きなエッセンシャルオイルがあります。

妊娠後期のアロマオイルマッサージ

妊娠後期などになれば、体調が安定して健康上問題がなければ、妊娠中でも使えるエッセンシャルオイルをキャリアオイルで希釈して作るアロマオイルでオイルマッサージも可能です。

ご心配なときは、エッセンシャルオイルを使用せず、キャリアオイルのみでのオイルマッサージは可能です。

キャリアオイルは、ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどを使用します。

妊娠中には使用できないエッセンシャルオイル

通経作用

通経作用」、生理を促し、生理不順を整える効果(少量月経、希発月経にも効果)のあるエッセンシャルオイルは、妊娠中の使用は不向きです。

子宮の中のものを押し出す作用があるので、妊娠初期に特に注意します。

通経作用のあるエッセンシャルオイルは、クラリセージ、サイプレス、シナモン・カッシア、ラベンダー、カモマイル・ローマン、ローズ、ローズマリーになります。

エストロゲンと似たような作用

エッセンシャルオイル(精油)の中には女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをして、生理痛を緩和したり、更年期障害による深いな症状を和らげたり、月経正常化に役立つ作用があります。

エストロゲンは、排卵を促すためのホルモンになり、エストロゲンと似たような精油を使うとホルモンバランスが乱れてしまう可能性があるので、使用を控えます。

エストロゲンと似たような作用のあるエッセンシャルオイルは、クラリセージ、フェンネル、アニス、スターアニス、セージ、ニアウリです。

分娩を促す作用

臨月以外には、使用は控えたい子宮の収縮を促し、分娩促進作用のあるエッセンシャルオイルがあります。

分娩促進作用のあるエッセンシャルオイルは、ジャスミン、クローブ、サイプレス、シナモン(葉)、パルマローザです。

血圧上昇作用

関連記事