イランイラン・エクストラ精油(エッセンシャルオイル)|アロママッサージ

エッセンシャルオイル

イランイラン・エクストラ精油(エッセンシャルオイル)|アロママッサージ

イランイラン ・エクストラ 精油(エッセンシャルオイル)

イランイランはフィリピン地方では「そよ風に揺れる花々」という語源から派生し、「花の中の花」という意味を持っています。

インドネシアでは古くから、新婚初夜のベッドに敷かれていました。

熱帯地方の暑さの中に、イランイランの甘い香りが広がると、エキゾチックなリラックス感と、官能的な雰囲気喜びをもたらします。

フランスの長い香水の歴史においても欠かせない香りとして使われていました。

イランイランの精油は、高級感のある濃厚で甘くエキゾチックなフローラルの香りで、とても人気の香りの一つです。

イランイランの精油は、同じCananga odorata var. genuinaという植物からとれますが、抽出の段階によっていくつかの種類が存在します。

イランイランの精油は24時間ほどかけて、水蒸気蒸留法で精油を抽出します。

どのタイミングで抽出されたものかで、グレードが分けられています。文献やメーカーによって言い回しが違うことがあります。

イランイラン・エクストラ

エクストラ(extra)はスーペリア(superior)とも言われます。

はじめの1時間~2時間を使って抽出されたオイルのことです。

オリーブオイルのエクストラバージンのようなもので、この一番初めに抽出されたイランイランエクストラは、一番高級で香りもいいものになります。

アロマセラピーで使用する場合はこのグレードであるべきです。エクストラとファーストだけはエルテル類が大半を占め、甘い香りが強く、スキンケアに向いています。

心への効能

心には鎮静興奮バランスをとる作用があります。

心を落ち着かせリラックスするとともに、精神を高揚させ、楽しさや喜びの感情をもたらします。

自信を取り戻すことを促してくれるので、イライラや落ち着きのなさが和らぎます。女性的なエネルギーを高めてくれる性質もあります。

身体への効能

神経系の鎮静作用があり、熟睡を促します

その鎮静作用は動悸高血圧頻脈てんかん症の発作などにもいいと言われています。古くから感染症にも使用され、殺菌消毒作用があります。イランイランは、催淫作用があり、女性ホルモンの調整や、生殖系の不調改善にも役立つと言われています。

皮膚への効能

肌を潤し滑らかにし、若返りにいいと言われています。

頭皮にもよく使用され、脱毛予防髪の成長促進頭皮の皮脂バランス調整に役立ちます。

関連記事