ファンタジー

女性専用風俗(女性向け性感マッサージ)のファンタジーです。

女性用風俗のファンタジー

この物語は、すべてフィクションであり、ファンタジーの物語じゃ。
貴女は、物語の主人公かもしれないし、脇役かもしれないし、傍観者かもしれないのじゃ。
すべては、偽り、幻のお話じゃ。

夢の中の幻の扉

少女は、ある日、夢の中で、幻の扉を見つけた。
存在しないはずの扉を、少女は開いた。
幻の世界で、彼女は、憂いを知り、鼓動を知り、愛を学んだ。
少女は、幻の世界の存在を心に秘め、目を覚ました。

僕は彼女にキスをする

僕は、彼女にキスをする。
僕は、彼女を抱きしめ、キスをする。
愛しく、大切な彼女を守るかのように。
優しく、僕は彼女にキスをする。
それが、幻の愛だとしても。

夜空の光

愛をくれた君に
僕が勝手に愛を感じただけだけど
夜空の光がいつまでも輝くように
夜空の光を同じように感じられるように
遠くても近くに感じるように
いつまでも君を照らす光が