ブログ

帰ってきたヒモ君

帰ってきたヒモ君

「おかえりなさい。ご主人様。」
「今日は疲れたわ。」

「お仕事お疲れ様です。」
「そうなの。ご飯何食べたいの?」

「ハンバーグが食べたいです。一緒に作りましょう。」
「いいのよ。休んでて。私はこのためにお仕事をしているのだから。」

「ご主人様。。ありがとう。僕はご主人様のご飯が大好きです。」
「ちょっと待っててね。」

「ご主人様のご飯は、世界一美味しいです!生きていて良かったです。」
「そう。ありがとう。」

「食器は洗いますね。」
「そう。ありがとう。」

「ご主人様が疲れているみたいだから、僕がフェザータッチをしますね。」
「いいの?ありがとう。」

「僕のご主人様だから、これ位当たり前です。」
「気持ちいいわ。」

「これで明日も頑張れますか?」
「頑張れるかしら。」

「ご主人様の美味しいご飯をもっと食べたいです。」
「そうね。頑張らないとね。」

「いっぱい寝て、明日も頑張りましょう!フェザータッチしていますね。」
「ありがとう。おやすみ。」

「大好きな僕のご主人様。おやすみなさい。」

関連記事一覧

セックスレスと女性用風俗
花を持ち愛ある暮らし