苦しみの愛は、真の愛であって

苦しみが増すと、苦しみから逃げたくなって、苦しみの愛は終わる

苦しみから逃れられないと、苦しみの愛は恨みに変わる

苦しみの愛を長続きさせるのには、苦しみを乗り越えなければならない

苦しみのない愛は、真の愛ではない

かといって、愛がない訳ではなくて、人間愛や兄妹愛、親子愛に近い

苦しみのない愛は、苦しみがないか苦しみが少ない

苦しみのない愛は、長続きする

苦しみのない愛は、女性は男性に伝えていない場合も多いと思うけど、夫婦の形を取っていることも多いと思う

苦しみの愛は、苦しみのない愛には変わりにくい

苦しみの愛が、苦しみを増したら、苦しみから逃げて今を乗り越えるか、恨みに変えるか、終わらせるか

苦しみのない愛は、苦しみの愛とは違う

苦しみのない愛に対して、苦しみの愛を持つことはバランスが悪くて

苦しみの愛を持つ方が苦しむことが多い

苦しみの愛を和らげてあげることや苦しみのない愛であることを気付いてもらうことが、苦しみのない愛の礼儀だと思う